<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 安淵眼科でレーシック(その1) | main | 安淵眼科でレーシック(その3) >>
安淵眼科でレーシック(その2)
右眼が終わっても緊張解けず。本気で左眼やめて帰りたいよーと心の中で叫んでみるも、既に左眼へのアプローチが。諦めの境地。ぐったりしながら身を委ねる。右と同じ過程を経て、見えたり見えなくなったりしてハケでなでなで。

終わった、、、。

控え室に移動して、リクライニングソファで30分ぐらい休憩。安堵でフーハーフーハー深呼吸しまくり。すると手術待ちの人に深呼吸が感染。「痛いですか?痛いですか?」と看護師さんに聞きまくり。ま、頑張りたまえ。

こっちは先生に眼の状態をチェックしてもらい保護メガネ装着。当日はこれでおわり。最後に精算するのですが、涙出まくりで財布が見えづらい。来院時の精算が良いのではと提案する余裕はなし。

待合室の皆さんに頑張ってくださいね、と心でエールを送り薄目で病院を出る。この時点でますます涙が止まりません。薄目の視界だと、電車が辛い。

命からがら帰宅(うそ)。涙ぜんぜん止まらず。ものすごい量の砂埃が入ったみたいな異物感のある痛さ。この辛さはいつまで続くのかね、をネットで調べたらだいたい3〜5時間らしい(かなり個人差あり)。とりあえず出された薬飲んで、寝ながら薄目でテレビ。今日はあんまり眼を使わないで下さいとの指示もあり、そのまま就寝。


医師も認めた安心の視力回復!SBC新宿近視クリニック
湘南美容外科

神戸神奈川アイクリニックのレーシック無料説明会
レーシック 視力回復
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK